Uncategorized

妊娠線のかゆみやぶつぶつが出来る理由って何?

妊娠線のかゆみやぶつぶつが出来てしまう原因ですが、

妊娠線は肉割れのことです。

産後は、特にかゆいと感じる方が多いらしく、
かいてしまうと肌のトラブルを起こしてしまうこともあるんです。
◇妊娠線のかゆみやぶつぶつの原因

妊娠線のかゆみやぶつぶつは、妊娠線は急にお腹が大きくなる頃から
見られることが多いです。

人によってかなり差がありますが、
臨月を迎える頃に出来る、という方もいます。

妊娠線のかゆみやぶつぶつの原因は、もともと伸びにくい皮下組織の
皮下脂肪によって急なお腹のふくらみに耐えられなくなり、
皮下組織が裂けてしまうことです。

妊娠線は、皮下で出来た傷ですし、皮膚が薄い状態でもあって、
ホルモンバランスが乱れている状態ですので、肌もデリケートで
妊娠線がかゆみを引き起こしてしまいます。

お腹以外にも体全体皮膚が乾燥しやすくなり、
乾燥とデリケートになった肌の状態によって
かゆみを引き起こすようです。

そして、衣類の摩擦やかゆみに耐えられず、かいてしまう方も
中にはいると思います。

でも、かゆいところをかいてしまうと、
皮膚にダメージを受けやすくなりますので、かかないようにしましょう。
◇妊娠線のかゆみとぶつぶつ

妊娠線のかゆみとぶつぶつについて、妊娠線がかゆみを引き起こす、
それだけではなくて、一緒に赤くぶつぶつが出来る事もあります。

産後に起きやすいようですが、妊娠性湿疹というもので
お腹以外にも手足など全身のいろいろなところにぶつぶつが
出来てしまうことがあるんです。

妊娠性湿疹の原因は、はっきりしていないのですが、
ホルモンバランスによって、普段よりも敏感になっていること、
乾燥しているということが原因として考えられるんです。

妊娠線のかゆみやぶつぶつについて、妊婦さんはオールシーズン
現れることが多いのですが、衣類などの摩擦を避ける、
ということが大切です。

産後はかゆいので、かゆみやぶつぶつをかきむしってしまって、
傷が出来て跡が残ってしまうこともあります。

妊娠中のかゆみやぶつぶつに関して、ストレスになることもあるので
しっかりと対策を行うようにしましょうね。

産後にかゆみやぶつぶつが出来てしまった時でも、
皮膚科などを受診して自分にぴったりな薬を処方してもらうことも
大事なことです。

妊娠中や産後にかゆいと感じたり、ぶつぶつが出来ないように、
まずは乾燥を抑えられるクリームやオイルを使用して、
しっかりと保湿するようにしましょうね。

Posted by vizioninfo.com, 0 comments